FC2ブログ

さがしもの 活字もサッカーも大好き

毎日、何かをさがしています。さがしているうちに、今度は何をさがしていたのか・・・

「決壊」平野啓一郎著

2002年10月全国で犯行声明付きのバラバラ遺体が発見された。
容疑者として疑われたのは、被害者の兄でエリート公務員の沢野崇だったが……。
〈悪魔〉とは誰か?〈離脱者〉とは何か? 止まらぬ殺人の連鎖。明かされる真相。
そして東京を襲ったテロの嵐!“決して赦されない罪”を通じて現代人の孤独な生を
見つめる感動の大作。絶望的な事件を描いて読む者に“幸福”と“哀しみ”の意味を
問う衝撃作。


こんなに衝撃的な結末はあるのだろうか・・・いつまでも頭の中から
消えない主人公達に、ほんのわずかな光さえも見えないから疲れた。
救いがない。

でもぐいぐいと読ませる。現実社会の出来事を見事に切り取り、誰が
悪魔になっても不思議はない。ワイドショー、マスコミの在り方、
ネットでの今も起きている悪意に満ちた出来事、コメンテーターの
そっくりなさま等、そのとおりなのだろう・・と思える。

家族の在り方、親とは・・精神病の定義、警察の取り調べ方法など、
これでもか、これでもか・・と言うように突き付けてくる。
「幸せになりたい」のは誰でも同じなのだが・・・難しい。真面目に
考えれば考えるほど「正義」も難しい。

いつまでも引きずってはいるが、上下800頁をしっかりと読ませる。
作者平野啓一郎さんの力を感じた。意外と読みやすかったです。
本の装丁が素敵。「白・黒・グレー」の色に物語の内容を感じました。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する